死亡原因はがんと心疾患に次いで多い肺炎とは

スポンサーリンク

・がんは長生き病とも言われていますのでまさに現代病に一種で、昔は逆に少なかった事が分かります。 

このように医療の発展により死亡原因は目まぐるしく変動。 

肺炎はTVでも【65歳以上で肺炎検診】 肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原体が肺に入って感染し、炎症が起こる病気、多くのは空気と一緒に身体の中に入ってきますが、

身体に備わっている防御機能が病原体をやっつけるのですが、高齢になり体力や免役力が弱っているときなどに肺炎を起こしやすくなります。 

それと多いのが、誤嚥性(ごえんせい)肺炎。 

咳をすることや、飲み込む運動がうまくできなくなり、誤って入ってしまう肺炎。 

心に感じた名言・格言

一人の男だけ見つめている女と 一人の男からいつも目をそらす女は、

結局似たようなものである。

   ★ラ・ブリュイエール

スポンサーリンク