エンディングノートから終活のすすめ

スポンサーリンク

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

ざっとあげてもこれだけのタイトルがあります。さらに細かく分かれていきます。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇

などについて少しでも知っておくことが大事です。

分からない事の相談は

⇒ ◆格安葬儀◆老人ホーム探し◆お墓さがし◆墓石見積もり◆法律トラブル◆医療、介護、法律、葬儀相談の無料資料請求、終活の無料資料、無料見積、無料相談

完璧に覚えておく必要はありません、「あんな事やこんな事があったような、ないような」というようにおぼろげに知っておくだけでもいざという時に思い出せばいいんです。

あとは専門家に相談すればいいだけですね。

知らなかったら、いつまでたっても何処へ相談したらいいかもわかりません。

だから、すぐに相談できる心託サービスが重宝するんです。

⇒ 社団法人終活協議会/想いコーポレーションの心託サービス とは

このサイトでは、

「聞いたことはあるけど何だったかな?」とか

専門的な用語の内容は何なのか、などと言った

小さな疑問を解消することを目的としています。

とにかく終活は、とても複雑ですので、出来る範囲でインプットしておくことが大事な事となります。

終活で避けられない事

1.健康医療病院

現代は食生活が変わり病気の種類変わってきました

生活スタイルも変わり不規則な生活からくる病気などもあります。

知識の無さから担当医師任せきりだったりインターネット情報に頼りすぎて誤った判断をし悪化してしまうケースも増えています。

そうならない為にも健康医療相談は大事なことだと考えられます

2.認知症・介護

認知時代の到来と言われています。

MCI(軽度認知障害認知ではありません)の早期発見が出来れば、それ以上の認知証(重度の認知証)を食い止めることが出来ます

これから先介護を避ける事は出来ません、介護施設に頼らないような生活スタイルや予防をしていかなければいけません。

3.葬

免許制は無く自由にできサービス価格統一基準はありません

現在では病院等でお亡くなりになる方が90%以上となっていて特定の病院の間で、契約が出来ているところがあります

その為費用等(広告費なども含め)割増料金となる可能性があります。

クレーム多い価格サービスでは、追加料金がはっきりしないので、最終的に追加請求が来るなどがあります。

そうならない為にも、葬儀にかかる費用の見積もりをしておくことです。

4.お墓

日本の人口は年々減少傾向にありお墓のあり方も変化してきています

寺院霊園納骨堂供養樹木葬散骨自分に合った選択をする方が増えてきました

その反面終いで寺院とのトラブル増加しています。トラブルを避ける為には手順しっかり守る事が大事となります。

5.片付け整理・遺整理

急に亡くなる事により家庭内には遺品として残された品々がたくさんあります。

後かたずけも労力がいります、残された方には、どこまで処分していいか悩むところですので、生前に出来ることは済ませておきましょう。

なかでも写真の整理は早めにやったおきたいところです。

6.相続

全体の以上相続資産5000万円以下でトラブルが多いと言われています。

家や権利等など分けない事も一つの壁となっています

家族同士で裁判までしなければいけないというケースはとても多いので出来る準備はとても大事です

遺言状も検討しておきたいところです。

?

医療、保険、介護施設、MCI、尊厳死、身辺整理、生前生理、見守り、法律、お別れ、戒名、読経、法要、お墓、墓終い、仏具、心託サービス、関しての相談がありましたら無料でご相談いたします。

その他 医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、認知症予防、見守り、不用品、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、仏壇などもご相談ください。

医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ ⇒ 終活の無料相談窓口 受付中




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする