介護認定の判定の方法と結果について

スポンサーリンク

一次判定認定調査とともに主治医意見書を基本にコンピューターにおいての判定が実施されます。

判定(二次判定)。

二次判定については一次判定の結果を含め主治医の意見書、

認定調査のヒアリング等をもととして、

介護認定審査会により要介護度の分類認定が実施されます。

認定結果の通知。

要介護度といった通知をされた上で。

原則、

介護認定の申請をしてから認定結果がでるまで30日くらいで実施されます。

認定の結果につきましては、

要支援ということから要介護にわたる段階があって支給最大限度額が違ってきます。

要介護と認定されたら。

ケアマネジャー(介護支援専門員)に於いて介護サービス計画・ケアプランを作っていただけます。

ケアマネージャーは「指定居宅介護支援事業者」に在籍していて、

市区町村によって交付設けられている一覧から見い出すということができます。

認定の見直し。

介護保険証では、

認定有効期間が記入されているのです。

再チェックは半年に1度実施します。

更新認定お手続きの通知が市区町村側より送付されてきます。

忘れることなく行いましょう。

心に感じた名言・格言

死者も我々がまったく忘れてしまうまで、

本当に死んだのではない。

   ★ジョージ・エリオット

スポンサーリンク