相続のポイントを確認しておくこと

スポンサーリンク

 ①配偶者につきましてはずっと相続人となっています。

 ②第一順位と第二順位、

第二順位と第三順位というものは、

順位の違う人同士が法定相続人としてなることというのはあり得ません。

わかりやすく言うと、

第一順位~第三順位まで順位の違う人が全部あった場合でも、

必ず先順位が相続人となります、

後順位の人については相続人になることができません。

 ③父(母)の相続において子供がとっくに他界してあった場合になると孫が相続人となるのです。

ここのところを代襲相続と言っているのです。

心に感じた名言・格言

どんな困難な状況にあっても、

解決策は必ずある。

救いのない運命というものはない。

?災難に合わせて、

どこか一方の扉を開けて、

救いの道を残している。

   ★ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ

スポンサーリンク