任意後見契約とはなんですか?

スポンサーリンク

今は大丈夫だが、

認知症などで判断する能力が低くなったら、

自分の代わりに財産管理をしてもらわなくてはいけません、

信頼できる任意後見人を決めて契約しておきます。

そうしないとあなたの事を誰も見る事が出来なくなります。

重要な契約となりますので公正証書を作成します。

おひとりさまや単独所帯など、

葬儀や納骨についても助けてほしい人は「死後事務委任契約」を結べます。

心に感じた名言・格言

その日その日が一年中の最善の日である。

   ★ラルフ・ワルド・エマーソン

スポンサーリンク