遺言の書き方は肉筆と日にちを忘れずに

スポンサーリンク

法的には有益な遺言証書を残しておいておくことで、

ご自身の思いどおりに財産を受け継いで貰うことができます。

とは言っても、

記入の仕方なぞには細かい規則があり得ます。

法的には有効な遺言証書を残すからすれば、

公証人(公証役場)・司法書士・弁護士等の専門家において相談してもらうのをおすすめします。

もしも、

遺言証書が無いならば、

一般的な法定相続の処理がなされることになるのです。

心に感じた名言・格言

男と女というこうも違った、

また複雑な人間の間で、

互いに良く理解しあい、

ふさわしく愛するために一生を費やして長すぎるということはない。

   ★コント

スポンサーリンク