相続に関する負債(ローンや借金)について

スポンサーリンク

住宅ローンのケースでは、

基本的に、

団体信用生命保険において加入しています。

借主が亡くなると保険会社の方より銀行へ残債が一括返済が行われ、

そのタイミングでローンというもの完了します。

亡くなられた方のプラスの財産に比べてマイナスの財産が多いケースでは、

相続を放棄するということが可能となります。

手続きは「自分の為に相続のスタートがあった事を把握した時から3ヵ月以内」において、

亡くなられた方の住所地を管理する家庭裁判所に於いて「相続放棄申述書」を出します。

その旨を過ぎ去ると、

相続人というもの負債を引き継ぐことになってしまいますというわけでなので、

注意して下さい。

景気後退の影響のためか、

相続放棄の数字はプラスの一途をたどっているわけです。

借金を持っているという事を相続人として知らないで遺産分割協議を行い、

数年先に債権者の方より高額の請求が来る時もあります。

負債においては、

絶対に相続人にはご理解いただけるようにした方が良いでしょう。

心に感じた名言・格言

人生は素晴らしいが、

人生の終わりは死である。

これは、

いかなる人の望みの究極でもある。

   ★スウィンバーン

スポンサーリンク