遺産とは、大きく分けて2種類

スポンサーリンク

相続とは

人が亡くなったときに、その人の配偶者や子などが遺産を引継ぐことです。

亡くなった人のことを、「被相続人」と言い、遺産を引継ぐ人を「相続人」と言います 。

遺産(相続財産)とは

被相続人が所有していた財産、権利、義務、地位。

財産は、預貯金や有価証券、不動産など プラスの財産だけでなく、

借金・連帯保証人など マイナスの財産も含まれます。

通常、皆さんが思う財産を民法上の相続財産といい

生命保険だけ特別に分離され 「みなし相続財産」といいます。 

では、なぜ生命保険だけ特別扱いなのか? 

遺言抜きで受取人を指定できるのが特別、よく相続対策にも用いられます。 

メリット:渡したい人に保険金が、保険会社から直接振り込まれます

(例:介護でお世話になった家族など)※500万×相続人の数までは非課税

心に感じた名言・格言

命というものは、

はかないからこそ、

尊く、

厳かに美しいのだ。

   ★トーマス・マン

スポンサーリンク