認知症の注意信号

スポンサーリンク

・冷蔵庫に卵、牛乳がいくつも入っている⇒買い物は一人で行けるが冷蔵庫の中身は覚えていない

・小銭入れがパンパン⇒いつもお札でお支払い⇒会計は1,001円でも2千円を渡す⇒店員さんから【1円ございますか?】

・きれい好きの母だったのに実家が汚い、片付いていない⇒掃除した日を忘れる、今、目の前の現状が認識できない=【今を忘れる病気】

・認知症は何もできない病気ではありません。 何十キロでも歩きますし、電車にも乗れちゃいます。

・認知症とは体験したこと自体を忘れる病気です。 家族ドラマで見たことありますよね

…あら和子さん夕飯は? もうお母さん、さっき食べたでしょ!⇒ 息子が帰ってきて『和子は夕飯も作ってくれない!』 これが認知症

心に感じた名言・格言

結婚生活の意は雨のようなものだ。

初めに人はこう言う。

「一体、

いつ降り始めたのだろうか?」 二度目の雨でこう言う。

「もう雨はたくさんだ」 そして三度目の雨でこう言う。

「もう、

本当にあきあきした」

   ★出典:ピグミー族の諺

スポンサーリンク