介護保険制度についてなぜ「かかりつけ医」が必要なの?

スポンサーリンク

介護保険制度を活用して介護サービスの利用を要求するときには、

介護保険を利用できる介護状態ということになりますが、

どれくらいのランクとなるかを認定して貰うことが必要です(要介護認定)。

このような認定というのは実際に当人の現状をチェックしながら行なう聞き取り調査(認定調査)であったりかかりつけ医が当人の身体の調子、

治療中の病気などを記載した意見書の2つをトータル的に判定して結果が得られることになっていますから、

普段からしっかりと診てもらっている医者に正しく書類を記載してもらうことが大切なことなります。

それゆえにかかりつけ医ははっきりさせておくことが不可欠です。

心に感じた名言・格言

過去の成果で未来を生きることはできない。

人は一生何かを生み出し続けなければならない。

   ★カール・ハベル

スポンサーリンク